ぽちゃ婚

ぽちゃ婚出会いSNSで理想的なお嫁さんをゲット!

私は37歳の会社員です。

 

これまで中学高校は男子校、大学は理系の理工系学部しかない大学に進学したため、女性に縁がない生活をしてきました。

 

それでも学歴や年収はそこそこあったので、いつかなんとかなるだろうと甘い考えを持ち、日々を過ごしていました。その結果、女性に全く免疫がないまま30歳を超えてしまいました。

 

このままではまずいと思い、ぽっちゃりした女性が好きな私は、ぽちゃ婚で婚活をスタートさせました。

 

しかし、いきなり婚活パーティや街コンなど、騒がしそうな雰囲気のところが怖かったことと、どうせそのようなところに行く女性はろくな女性がいないだろうという先入観から、インターネットを通じてできるぽっちゃり女性が居そうなネット婚活サイトに登録しました。

 

ネット婚活は非常に多くのぽっちゃり女性が登録されており、また、私の年収を実際よりも少し高めに設定したこともあり、数多くの女性からメールを受け取りました。

 

これに私は気を良くしてしまい、私にメールくれた女性の中から、最も自分好みのぽっちゃり女性と実際に会うことにしました。

 

女性に免疫のついてきた今だったらこの選択が間違っているとわかります。

 

理想的な太り具合の女性と会う事に

 

仮にこの女性をエイコさんとします。エイコさんは本当に写真のままのぽっちゃり女性で年齢も私よりも一つか二つしか関わりませんでした。

 

しかし、久しぶりに女性と話す私はスッカリ舞い上がってしまい、支離滅裂れ会話をしてしまいました。

 

この感じは就職試験の1社目の面接に似ていて、取り返そう取り返そうと焦るほどどんどんドツボにはまってしまう感じでした。

 

さすがにダメだったようで夕方にはエイコさんとお別れし、お礼を言ってそれきりとなりました。

 

就職試験と同様にまずは緊張しない女性と触れ合うことで女性との免疫を上げていこうと考えました。相手の女性には失礼ですが、いわば模擬試験のようにおデブな女性と会いました。

 

様々な女性と会ううちに、女性の魅力は顔やスタイルではないなと考えるようになりました。

 

特に、話の合う女性といるのは非常に楽しいことがわかりました。

 

そしてビイ子さんと出会いました。ビイ子さんは表情が豊かで、非常に親しみやすい太った女性でした。

 

デブ専の私には、理想的でした。そして、この親しみやすさは女性が苦手な私にとってこれまであってきた女性の中で最も緊張しない女性でした。

 

緊張せずに話せ、性格も良く、何より聞き上手な女性でした。

 

私の理想は暖かい家庭を築ける女性なのですが、ビイ子さんは表情豊かでこの人と家族になったら朗らかな家庭になりそうだなと想像させてくれる女性でした。
私は数回のデートを重ね、結婚を前提に付き合ってもらう了承を得ることできました。

 

友人にはぽっちゃり女性を探してネット婚活で出会ったとはなかなかいいづらいので、紹介ということにしていますが、ぽちゃ婚をして本当に良かったです。


ぽっちゃり女子とデブ専男子が集まる

ぽっちゃりデブ専出会い