太め女性好み男性

太め女性好み男性が急増中!

30代前半のデブ専男性で都内でシステムエンジニアをしています。

 

仕事がら帰宅時間が遅く、女性との付き合いも少ないので悶々とした日々を過ごしていたのですが、気晴らしに眺めていた太め女性好み男性集まるサイトを通して、素敵な太った女性と深い関係を持つことができました。

 

掲示板機能を使っているのですが、いくつかのぽっちゃり女性のコメントを見ていると、デブ専の人が好みですと書かれているのを見つけ、メッセージを送ってみることにしました。

 

あまり期待していなかったのですが、その太めの女性からメッセージが返ってきて、お互いのこと知り合えるようになりたいなと思い彼女とやり取りを続けました。

 

40代半ばの太め女性でしたが、落ち着いた文面から好感が持て、自分の想いに対して優しく接してくれる様に最初から惹かれていたのではないか、と今でも思い返しています。

 

太め女性好み男性集まるサイトで2日かけて彼女と交際できる期待が持てるようになったので、LINE交換して小まめに連絡を取り合いたいとお願いすると快くオーケーをもらいました。

 

その日から彼女とのLINEでのやり取りとなったのですが、日中でもメッセージが届くので、周りから彼女?と冷やかされることもあり、それも気分を厚情する楽しみの一つでした。

 

太った彼女から会いたいと言われ、デートはそれらか3日後にしましたが、彼女は埼玉に住んでいたので、電車の都合がいい池袋駅で待ち合わせをすることになりました。

 

西口の公園近くにあるコーヒーショップの前で待っていると、「こんばわ、少し待たせちゃった?」と淡いブルーのブラウスに長めの黒っぽいスカートという大人っぽい女性が声をかけてきました。

 

太め女性好み男性集まるサイトきっかけのデート

「いや、そんなことない」と顔をよく見ると、髪は長くてウエーブがかかっていて、顔立ちは化粧のせいか目鼻立ちがしっかりしていて綺麗な印象が持てました。

 

食事はたまに利用していたバル風のお店に誘い、席に着くと、「いい感じね、こういうの好きだな」と笑顔で喜んでくれました。

 

食事の間は自分が話して、彼女が聞くことが多かったのですが、途中で大きな瞳でジッと見つめられていうることに気づくと、急に照れを覚えてしまい話せなくなってしまいました。

 

その様子に気づいたのか、「もしかして恥ずかしがっているの?可愛いな…」とテーブルの下で手をそっと握ってくれました。

 

温かく柔らかい手に刺激を感じてしまい、今晩彼女を抱けたらいいな、と妄想すら抱くほどでした。

 

お店を出て夜風に当たりながら西口界隈を歩いていると、この先を奥に行くとホテル街なんだよな、と思いつつチラっと彼女を見ると、「いいよ、一緒にしよ」とこれも見透かされていたのか、ホテルへ行くことをオーケーしてもらい二人で1軒のラブホへ入りました。

 

部屋へ入り彼女へキスをすると、一気に欲望が沸き上がり少し乱暴気味に服を脱がしていくと、「したかったのね…好きにしていいよ」と抵抗せずに荒々しいセックスを受け入れてくれて、最後は彼女のお腹の上に出しました。

 

タオルを使って彼女のお腹を拭いていると、「気持ちよかった…もう一回して」と自分のものを口に含んでフェラをしてくれたのですぐに勃起でき、彼女を四つん這いに向きを変えさせ激しく抱きました。

 

太った彼女とは3回関係を持ち、「私とは遊び程度がいいと思うよ、素敵な恋人見つけてね」と言われ別れることになりましたが、大人の魅力を味わえたことに心から感謝しています。


ぽっちゃり女子とデブ専男子が集まる

ぽっちゃりデブ専出会い