大阪デブ専ぽっちゃり出会い

大阪デブ専ぽっちゃり出会いSNSで恋人ゲット!

大阪デブ専ぽっちゃり出会いSNSに何を求めていたのでしょうか、安らぎなんでしょうか。性欲の処理なのでしょうか。最近は自分でも良く分からなくなってきました。

 

既に結婚を諦めなければならない年齢と年収です。たまに大阪ぽっちゃり出会いSNSで太った女性と親密な時間を過ごすぐらいが、私の人生において、せめてもの御褒美だと思っていました。

 

それが、苦痛を伴うものになるなんて。人生は本当に皮肉なものですね。

 

あの日も、どうせやることもない休みの朝でした。ほとんど習慣になっている、デブ専ぽっちゃり出会いSNSの大阪掲示板への書き込みと閲覧を布団の中でしていました。

 

誰に見られる心配もないので、上はクタクタのグレーのトレーナーのままでした。

 

そんな情けない格好でアプリを立ち上げてみるとメッセージが届いていました。

 

「みゆきです。年は22歳です。メールしませんか?」

 

写真も付いていました。少しふっくらしていましたが、デブにはならないギリギリのところで踏みとどまった感じでした。

 

何度かやり取りして一度、会うことになりました。

 

梅田駅前の某デパート前で待ち合わせしました。そこは安いラブホテルが並ぶ路地までわりと近くにあるからです。

 

期待しながら、日曜日の午前中に梅田のデパート前で私は立ち尽くしていました。この人かなと思う女性は、すべて空振りでした。

 

これはスルーされたかなと半ば諦めかけた時に、太った彼女が現れたのです。写真の印象よりも明らかに太っていました。

 

そんな女性が私の前に立っていました。

 

かなり太った女性が現れる

「待ちましたか?」

 

ピンク色のジャケットが、ピチピチでした。なぜあえて膨張色の服を着るのかも理解不能でした。

 

もちろん私は、ゴメン無理だと告げました。

 

苦々しい顔でその場を立ち去ろうとした時です。その女性が意外な言葉を出したのです。

 

「一緒に泊るだけでいいですから」

 

事情を聴いてみると、田舎から家出してきて現在は梅田のマンガ喫茶に寝泊まりしていて、少しでもいいから思い切り手足を伸ばして眠りたいと彼女は言うのです。

 

私は立ち止まって彼女のことをもう一度見ました。手ぶらで帰るのも嫌なので、私は彼女の申し出をOKしました。

 

休憩で格安の堂山のラブホテルに入りました。

 

世間話をして、まるで妹のような感じでした。コンビニで買ったお弁当を食べた彼女は、その後お風呂に入りました。

 

ウキウキと鼻歌交じりに風呂に入った彼女は、休憩時間いっぱいまでベッドで寝ていました。

 

まるで人助けのような1日でした。


ぽっちゃり女子とデブ専男子が集まる

ぽっちゃりデブ専出会い