川崎デブ専出会い

川崎デブ専ぽっちゃり出会いSNS

川崎デブ専ぽっちゃり出会いSNSで知り合ったデブ専男性に一度会うだけあって欲しいといわれて川崎で会いました。

 

私がまだ24歳の時でした。私の仕事は看護師で人工透析科にいます。

 

そこの患者さんに気に入られており、どうしても紹介したいデブ専男性がいるんだと何度も言われていました。

 

その患者さんが私のことを気に入ってくれたのは、いつも明るくて、何よりも迎えで一緒に来る孫によくしてくれたからが理由だったみたいです。

 

その患者さんの甥っ子で歳は私よりも10歳年上で地方で刑事をしているんだが、中々結婚しなくて一回だけでいいから会って欲しいと言われました。

 

年が離れていて嫌かもしれないが、本当いい子だし、職業もいいし、家もそれなりな家系だからと言うのです。それにぽっちゃり女性好きのデブ専!

 

確かにその患者さんも社長ですし、悪い家系ではないかと思っていました。

 

けど、当時まだ24歳、遊びたい盛りだったので断り続けていたのですが、職場の人に騙されて連れていかれてお見合いをする事になってしまいました。

 

川崎でデブ専男性とお見合い

日曜日に川崎に遊びに行こうと言われ、ちょっといい店見つけたからおしゃれして食べに行こうよ言われてついて行ったら住宅街で、おかしいとは思って責めたら、たのまれちゃったんだよねと苦笑い。

 

場所はその患者さんの家でしたが、川崎の広い豪邸で驚きました。

 

来てくれてありがとうなんて満面な笑みで患者さんが迎え入れてくれました。

 

そこには、患者さん、奥さん、娘さん、お孫さん、そしてお相手の方とお母さんがいました。

 

肩苦しいのは嫌かと思ってうちに来てもらうようにしたよなんて笑いながら言うのです。

 

来てしまったら嫌な顔なんてできないのでニコニコしながら話を聞いていました。

 

目の前に奥さんが朝から娘さんと作った豪勢な食事と高価そうなお寿司が出されて、遠慮なくどうぞとか言われましたが、何を話していいのかわからない状態で食事どころではなかったです。

 

相手のお母さんは凄い人柄がよくて、いちごが地元の名物だからお土産に4パックも持って来てくれました。

 

明るお母さんで、私に色々聞いて来て、お兄さんから凄いいい子が居るんだとずっと言われていて今日は会えて嬉しいわなんて言うんです。

 

お相手の人はガタイは大きくて、優しそうなデブ専のぽっちゃり好きという印象でした。

 

2時間ほど患者さんの家でお話をして、2人で出掛けて来るといいよ言われて、水族館に行く事になりました。

 

話していると、職業柄でしょうか真面目な方で、おじさんに私のことを聞いていて、実際に会ってみたら優しそうな方で安心しましたなんて言われました。

 

相手の仕事のことや、私の仕事や地元のことを話したりしながら水族館を見て回りました。

 

職業柄忙しくて中々出会いがなくて、この歳まで独身なんですよなんて笑いながら言っていました。

 

私も看護師をしているため時間の不規則が多いので、刑事さんの時間の不規則なことを聞いて共感できました。
しばらく水族館で話して、今日はありがとうございましたと言って別れました。

 

その後、一緒に行った職場の人に連絡をして近くで飲みながら話したのですが、私達が水族館にいったあと、患者さんの家でしばらくお話をしていた時に、相手のお母さんがすごく気に入っていたよといわれ悩みましたが、次の日に患者さんに丁寧なお断りをしました。

 

やはり、地方に行きたくないという気持ちと、人柄は良い人だったのですが年齢が離れすぎている事に気になってしまいました。


ぽっちゃり女子とデブ専男子が集まる

ぽっちゃりデブ専出会い