北海道デブ専ぽっちゃり出会い

北海道ぽっちゃり出会いSNS

北海道ぽっちゃり出会いSNSで出会ったぽっちゃり女子

 

私は34歳独身で北海道に住んでいます。数年前、北海道ぽっちゃり出会いSNSを通じて1人のポチャティブ女性と出会いました。

 

彼女は23歳ショップ店員で札幌に住んでいました。出会いのきっかけは、彼女が「1人で寂しいので話し相手募集」と北海道ぽっちゃりSNSに書き込んでいたのに対し、私がよかったらメールをしようと送ったことで始まりました。

 

最初はただ単に暇なだけかと思ったのですが、どうやら失恋したばかりらしいのです。ひどくショックを受けたようで頻繁にメールが届き、慰めて欲しいと言われていました。会話の内容はその日に起こった出来事や、日々気になっていることが主でしたが、最終的には寂しさからくる愚痴に付き合っていました。

 

メールをやりとりしてから1ヶ月程でしょうか。彼女から私に会ってみたいと言ってきたのです。彼女から会いたいと言ってくるとは予想していなかったので驚きです。写メの交換をしたところ顔は悪くなく、ややぽっちゃり気味かなという印象でした。

 

初めて会う場所は札幌駅前の居酒屋。約束の日は頑張って仕事を早く終わらせ、待ち合わせ場所に向かいました。

 

人混みで見つけられるかなと思いましたが、電話をしながらお互いを探していたので案外早く会うことができました。

 

デブ専の私もビックリするぽっちゃり女性

初めて彼女と対面し、ショックを受けました。

 

彼女には悪いですが、ぽっちゃりというよりかなりデブなのです。偏見で申し訳ないですが、これはやってしまったと感じ、適当に食事してお酒を飲んで早く帰ろうと思いました。

 

お店に着き食事をし始めました。さすがおデブ、箸が止まりません。お酒はあまり飲んでいないですが、ずっと食べています。しかも汗だくです。まあ体質上仕方ないかという感じです。しかし、話は面白かったのです。

 

私が一方的に喋ってばかりでしたがレスポンスがよく、本当に失恋したのかよと思うくらい明るく、話が盛り上がりました。結局勢いで彼女の部屋で飲み直すことになりました。

 

コンビニでお酒とつまみを買い、家に向かいました。飲み始めてまた楽しく盛り上がるかなと思ったのですが、急にスイッチがオフになったかのように暗く落ち込み始めました。そこからずっと元彼の愚痴が始まりました。正直面倒くさいです。彼女の話をただ相槌を打って聞いているだけでした。

 

こちらもだんだんイライラしてきたので、そんなに忘れられないなら俺が忘れさせてやるよと言って無理矢理キスをしました。

 

ぽっちゃり彼女はかなり驚いていましたが、ウットリとしているように見えました。私も血迷ったのか、もうどうにでもなれと思い激しくキスをしました。

 

結局会ったのはこの時限りです。しばらくメールのやりとりをしていましたが、私が面倒くさがってあまり返信しなかったため、自然消滅してしまいました。


ぽっちゃり女子とデブ専男子が集まる

ぽっちゃりデブ専出会い